あんぐるエフ

kam's デジカメ・フォトノート

町田ダリア園 2016夏(2)
_DSC8562.jpg

町田ダリア園(東京都町田市山崎町1213-1)に咲いていたダリアの花から。



_DSC8554.jpg



_DSC8519.jpg



_DSC8475.jpg



_DSC8316.jpg



_DSC8413.jpg



_DSC8321.jpg



_DSC8347.jpg



_DSC8470.jpg



_DSC1838.jpg



_DSC1842.jpg



_DSC1849.jpg

[カメラ]
Nikon D3s
Nikon D300s
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E III
Nikon D750
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


JUGEMテーマ:写真

| 花と草木 | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0)

町田ダリア園 2016夏(1)
_DSC8327.jpg

夏になると毎年のように訪れる町田ダリア園(東京都町田市山崎町1213-1)。
ことしは7月10日、2時間ほどでしたが立ち寄ってみました(10月にまた行く予定)。
手入れも行き届いて、いろんなかたちと彩りのたくさんのダリアの花、ことしも、暑さに負けず元気に咲いていました。

町田ダリア園は、障がい者の働く場として町田市が設置し、社会福祉法人まちだ育成会が運営しています。



_DSC8386.jpg

なんともやさしい色合いです。



_DSC8548.jpg

この燃え立つようなすがたと色、いいですね〜。



_DSC8476.jpg



_DSC8482.jpg



_DSC8431.jpg



_DSC8471.jpg



_DSC8442.jpg



_DSC8462.jpg

この、細かいたくさんの花びらがきれいに並びそろって、玉のようなまん丸の花になってるのがなんとも素敵ですね〜。



_DSC8312.jpg



_DSC1831.jpg

11月3日まで開園しています(9:30〜16:30)。

10月18日(火)〜23日(日)には、以前も載せた「月夜のダリア園」(18:00〜20:30)も楽しめます。



_DSC1830.jpg

いつものように、お人形さんが迎えてくれます。



_DSC1827.jpg



_DSC1833.jpg

「welcome ダリアえん」。
これ、初めて見ました。新作でしょうか、いいですね〜。



_DSC1825.jpg

バイクはこちらに。

[カメラ]
Nikon D3s
Nikon D300s
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E III
Nikon D750
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


JUGEMテーマ:写真

| 花と草木 | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0)

昭和記念公園 カサブランカ
_DSC9003.jpg

こちらも1ヵ月あまり前になりますが(在庫一掃中につき (^^); )、7月18日に訪れた「国営昭和記念公園」(東京都立川市・昭島市)に咲いていたカサブランカから。



_DSC8944.jpg

花のかたちはヤマユリにそっくりです。
ヤマユリは、花びらに黄色の筋が入り、全体に赤褐色の斑点が入っていますが、こちらは目の覚めるような純白です。
別名『ユリの女王』とも呼ばれ、その優雅で高貴な印象から、結婚式のブーケとして選ばれることも多いそうですね。



_DSC9139.jpg



_DSC8992.jpg



_DSC8873.jpg



_DSC8957.jpg



_DSC1928.jpg

カサブランカを撮っていたら、すぐそばでカメラを構えていた男の人が話しかけてこられました。
ぼくと同じくNikon党らしく、Nikonのカメラやレンズのこと、色温度やなんかの補正のこと、D7000のピントのこと、RAW現像は何を使っているかみたいないろんな話が出て、おもしろかったです。

ぼくはいま、RAW現像にはCapture NX2よりもLightroomのほうをよく使っているって話したら、Nikonで撮るならやっぱりCapture NX2使って欲しいな〜って、すごく思い入れ深そうに言われました。
って、このカサブランカもLightroomで現像しちゃってますけど(笑)

[カメラ]
Nikon D3s
Nikon D300s
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E III
Nikon D750
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


JUGEMテーマ:写真

| 花と草木 | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0)

石老山顕鏡寺 ヤマユリと白蓮さんのお墓 & 思い出の山旅から
_DSC0197.jpg

1ヵ月前になりますが、仕事が代休の7月19日(火)、石老山顕鏡寺(せきろうさん・けんきょうじ:神奈川県相模原市緑区寸沢嵐2888)を訪れました。

石老山は、関東100名山のひとつ、その山の中腹にある顕鏡寺(高野山真言宗)に咲く大輪のヤマユリがお目当てでした。



_DSC9489.jpg



_DSC9505.jpg



_DSC2042.jpg

鐘楼下の山肌に咲くヤマユリの様子です。
そんなにたくさんではないですが、なかなか絵になる場所です。
お寺までの参道にもいくつものヤマユリが咲いていました。



_DSC1982.jpg

顕鏡寺の山門です。
実は、ここを訪れるのは2度目。初めてやってきたのは、なんと35年前。お寺のわきの石段をたどり、石老山に登ったのでした。なので、この山門のたたずまい、とっても懐かしい。



_DSC2010.jpg



_DSC1993.jpg

本堂です。



_DSC1995.jpg

顕鏡寺は、津久井三十三観音霊場第14番札所。



_DSC1989.jpg



_DSC1986.jpg

顕鏡寺の参道〜石老山の登山道は「東海自然歩道」となっています。



_DSC1996.jpg

標識の先の石段を登ったところにある岩窟。道志法師、源海法師が住居としたそうで、道志岩窟といい、中には福一満虚空蔵尊が安置されていて、顕鏡寺の寺宝とされています。



_DSC2000.jpg

道志岩窟のすぐ左手にある鳥居、こちらが石老山への登山道となります。今回は見るだけ。



_DSC1998.jpg

鳥居(写真右端)の先にあるのは、右手が大師堂、その奥が鐘楼。



_DSC2024.jpg

大師堂から引き返して、顕鏡寺の山門の右下方に降りていくと、トイレ(中央)が見えます。

左手の石垣の上の方にも少しヤマユリが咲いていたので、トイレに行くついでに撮影して山門のところに戻ってくると、お寺に参拝しておられた女性の方たちがにぎやかにお話しされながら山門から出てこられました。

それぞれ自家用車に分かれて出発された後、1台残った車のお一方が、カメラを持っているぼくに「白蓮(びゃくれん)さんのお墓、行ってみられました?」と聞いてこられました。

そう、顕鏡寺は、NHK朝ドラ「花子とアン」で注目を集めた歌人・柳原白蓮の菩提寺として有名なのです。
今回、顕鏡寺を訪れるにあたって、Webサイトでお墓のようすなどを調べてはいたのですが、お墓のある場所がイマイチよく分からなかったので、お墓はパスしてそろそろ帰途につこうかなと思っていたところでした。

「いえ」と答えると、「せっかくここまで来られたのだから、行ってみられたら?」とおっしゃいました。
「お墓、どこにあるんですか?」とたずねたところ、向こうに見える白壁の建物を指して「あそこの建物を右にまわって、その先の坂道を登って行ったところですよ」と教えてくださいました。

ではと、カメラバックを引っぱって、あの建物の右手に回り込んでみると、山の上に向かって、お墓が並ぶ坂道がつづいていました。



_DSC2036.jpg

坂道を上り詰めたいちばん上に、Webサイトで見ていた白蓮さんのお墓がありました。



2016-07-19-15.25.54-HDR.jpg



_DSC2038.jpg

「白蓮大姉」とありますね。

白蓮は、学徒出陣した一人息子(香織)の戦死を大きなきっかけとして、戦後、平和運動に積極的に参加しました。
「悲母の会」(後の国際悲母の会)を結成して平和を訴える全国行脚を始めたほか、湯川秀樹の妻スミさんとともに、戦争を絶滅するための世界連邦運動に関わり、婦人部長として活躍しました。

また、1949年4月の「婦人民主新聞」で宮本百合子と対談し、「いとしい我子を戦に死なせた」嘆きを平和のために生かしたいという白蓮に、宮本百合子は「その願いを現実に」と応じています。

合掌。

[カメラ]
Nikon D3s
Nikon D300s
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E III
Nikon D750
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR




思い出の山旅 石老山(1981.10.4)

001.jpg

さて、こちらは35年前、1981年10月4日、石老山に登ったときの思い出の山旅アルバムから(ついでに掲載)。

若かった昔、1977年頃から1987年頃まで、丹沢、奥多摩、尾瀬や北アルプスをはじめ、あちこちの山を歩きまわっていて、9年間連続、お正月はどこかの山頂で初日の出を拝んでいたものでした。
1987年というのはスキーをはじめた年で、そのころから山登りから、山下り専門(!?)になっちゃって(笑)、お正月は年越しスキーが恒例となってしまったのでした。



023.jpg

石老山の案内リーフレットです。たぶん、相模湖駅にあったもの。

石老山へは、中央本線相模湖駅からバスで石老山入口に行き(所要約15分)、徒歩で急坂を顕鏡寺に向かいます(約35分)。
顕鏡寺から石老山山頂までは徒歩約70分。
下りは相模湖に向かっておりていき、大明神展望台まで徒歩約70分。
そこから徒歩約20分で「みの石橋」、さらに徒歩20分で「ピクニックランド前」、そこからバスで相模湖駅に戻ります(所要約13分)。
歩行距離約8km、所要4時間コースです。

心不全のいまではもう、たぶん、ぜったいムリ (^^);



002.jpg

石老山案内図。
石老山入口のバス停にあったものかな。



003.jpg

石老山表参道に向かいます。



004.jpg

「この先 急坂あり 足元注意
 東海自然歩道」



005.jpg

顕鏡寺に到着。

一人旅なので、写真は三脚立てて撮ってます。
フィルムカメラなので、撮影時間とかはわかりません。



006.jpg



007.jpg



008.jpg

いまも変わらぬ道志岩窟です。
このすぐ左手から、石老山山頂に向かいます。



009.jpg

「大天狗岩・鏡岩」
石老山への山道には多数の奇岩怪岩があり、それをたどるのも楽しみ。



010.jpg

途中の休憩所かな。



011.jpg

眼下に相模湖が望めます。



012.jpg

山項に到着。
標高は702m(案内板には700mと書いてあるが?)、東海自然遊歩道の相模湖周辺通過地点では最高峰です。



019.jpg

眺望はすばらしく、丹沢や富士山、南アルプス、高尾や相模湖などが一望できます。



020.jpg



013.jpg



015.jpg

相模湖に向かって下ります。



014.jpg

下りの途中でバックショット。



021.jpg

相模湖を見下ろす「大明神展望台」に到着。



022.jpg



016.jpg



017.jpg

相模湖駅に戻りました。

懐かしい思い出のひとこまです。
願わくば、若いあのころにかえりたい。。。

JUGEMテーマ:写真

| 散歩道 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0)

八王子 伊藤農園のヤマユリ(2)
_DSC9300.jpg

八王子の「伊藤農園」(東京都八王子市上柚木1602)に咲いていたヤマユリ(山百合)から。



_DSC9078.jpg



_DSC3752.jpg



_DSC9422.jpg



_DSC3892.jpg



_DSC1959.jpg



_DSC1974.jpg

「ユリや野草を見て感動された方は維持・管理費用にご協力をお願いいたします」



_DSC1977.jpg

ひょうたんもありました。

[カメラ]
Nikon D3s
Nikon D300s
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E III
Nikon D750
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


JUGEMテーマ:写真

Check
| 花と草木 | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0)

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
profilephoto

facebook.png

twitter-bird_fw.png

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村