あんぐるエフ

kam's デジカメ・フォトノート

稲荷山公園のヤマユリ & 「山下清とその仲間たちの作品展」
_DSF8181.jpg

満開との情報で、7月17日に急ぎ訪れた「稲荷山公園」(埼玉県狭山市稲荷山1-23-1)に咲いていた大輪のヤマユリ(山百合)から。



_DSF8167.jpg



_DSF8171.jpg

毎年、あちこちに見に行っていますが、「ユリの女王」 とも賞されるヤマユリ、大好きなんです。
稲荷山のヤマユリを見に行ったのはこれが初めて。
期待したほどたくさんは咲いていませんでしたが、みごとな咲きっぷりでした。



_DSF8149.jpg

咲き残りのアジサイ(紫陽花)も少し。



_DSF8153.jpg



「山下清とその仲間たちの作品展」

山下清とその仲間たち.jpg

ヤマユリをたずねて行ったついでに、稲荷山公園の一角にある「狭山市立博物館」でちょうど開催されていた「山下清とその仲間たちの作品展」(7/8〜8/20)を観てきました。
これ、予定外の、とっても大きな収穫でした。



_DSF4699.jpg

狭山市立博物館です。
レストランがあり、ゆっくりできます。



_DSF4700.jpg

作品展の案内看板。
山下清には関心があったので、この看板を見て立ち寄りました。



カタログ.jpg

作品展のカタログです。

この作品展、それはそれは素晴らしい内容でした。

浅草に生まれた山下清が12歳の時に入園した千葉県市川市の知的発達障害児入園施設「八幡学園」(初代園長・久保寺保久)の成り立ちと、重度障害をもって生まれてきた子どもたち一人一人の個性と能力をみきわめ、それを自由にのばしていくことをモットーにした素晴らしい教育方針のこと。

 踏むな
 育てよ
 水そそげ
 (学園標語)

「踏むな」とは、押し付けたり、押さえ付けたり、踏みつぶしてしまうようなことはするな、ということのようです。

一、一人一人の子どもに合った表現を探すこと。
一、職員と子どもが、一緒に学ぼうとする姿勢を持つこと。
一、表現をしていく過程を大切にすること。
(学園主事・渡辺実のことば)

そして、学園での作業科目とされた「貼絵」との出合いによる山下清の絵画の才能の開花。
陰影をつけたり、貼り込む方法の独自の工夫、そこから生み出された作品の数々。
この「貼絵」というのは、じかに見てみると、なんともすごいです。
そうとうな造形力がなくてはとてもこんなふうにはできないでしょう。心底、驚きました。

18歳で学園を飛び出し、北海道から九州まで放浪の旅をつづけた山下清。
放浪中はスケッチも制作もせず、後に学園に戻ってから、記憶にそって貼絵を制作したとのこと。
さらに、油絵との出会いと作品の数々。

この展示会では興味深いことに、山下清の歩みと作品だけではなくて、ぜんぜん知らなかった(←ぼくが)山下清と同じ「八幡学園」で学び生活した生徒たちの作品と歩みについても展示されています。

クレパス画の異才 石川謙二
原始芸術の風格 沼 祐一
幼くして絵画的天分の持ち主 野田重博

ぼくが特に見入ったのは、重度の知的障害があったという沼祐一くんの10代の作品でした。
入園当初は絵が描けるとは想像もできない、乱暴で、友も求めず、徘徊する少年だった祐一くん。
ところが、「原始芸術の風格」と題されるように、彼が描く絵は、原始風とも現代風とも未来風ともいえるような特異なデザイン画のような、ほんと不思議な、ある種、異様とも感じる、地球外からやってきたものでもあるかのような、鬼気迫るような作品の数々なのでした。
(最初のポスターの上半分に並んだ10点の作品のうち、左側の3つの作品、右上の作品、右下の作品の5点は沼祐一君の作品です)
彼がその絵を描いた後にはかならず大発作が起こるという、なんともいえないエピソードも。
沼祐一くんは18歳で世を去りました。なんともなんとも惜しいその生涯。
彼が描いたものとは、彼の生涯とは、いったい何だったのか、人間てなんなのだろうという思いがわきおこるようでした。

ほか、いずれも見応えがあり、学び、知ることも多く、人間というもののなしうること、人間というものの可能性、人間というものの素晴らしさ、人間としての生き方と育て方を考えさせてくれる、深く印象に残る作品展でした。
お近くの方、お時間のとれる方には、ぜひともご観覧をおすすめします。



_DSF4694.jpg

上尾(あげお)から稲荷山公園までは高速を使わずに約27km(早朝が勝負のハスと違って、ヤマユリを見るには、まあ、急ぐこともないので下道で行きました)、所要約1時間20分ほど。
広い駐車場があって、バイクはその隅っこのこちらに。

[カメラ]
FUJIFILM X-T1
 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
 XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS


JUGEMテーマ:写真

| 花と草木 | 06:33 | comments(0) | trackbacks(0)

府中・修景池のハス
_DSF4685.jpg

きれいなハスの花とならんで花托がたくさん。
ことしのハスもそろそろおわりですね。
7月16日に訪れた府中・修景池に咲くハスの花から。



_DSF4639.jpg



_DSF8140.jpg

[カメラ]
FUJIFILM X-T1
 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
 XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS


JUGEMテーマ:写真

| 花と草木 | 07:18 | comments(0) | trackbacks(0)

毛呂山総合公園 花蓮まつり(2) & 映画「奪われた村」とお話の集い
_DSF4509.jpg

毛呂山総合公園(もろやま・そうごうこうえん:埼玉県入間郡毛呂山町大谷木443)の「花蓮まつり」から。

この世に花というものがあるのが不思議、きわめて有り難いことなのかも。
なに故にあるのか、このきれいさを見るほどに、ただの偶然ではないのだと思える。
人間なるものが存在することも、花と同じくらい不思議、有り難いことなのかも。
そう、花も木も草も月も、この世も、あらゆるものが不思議、有り難いことなのかも。

「かぐや姫の物語」DVDを見て(かぐや姫はほんとにきれい、惚れちゃったよ 笑)、ぼくもやがて、月ではないだろうが、この世ではないところに行くことになるのだと思うと、この世のことが、花も木も草も、鳥、虫、けものも、すべてのものが尊く有り難く思えてくる。これまで見てきたあらゆるものが、有り難すぎて、懐かしすぎて、涙が出そうだ。



_DSF4532.jpg



_DSF4429.jpg



_DSF4552.jpg



_DSF4448.jpg



_DSF4565.jpg



_DSF4569.jpg



_DSF8124.jpg



_DSF8128.jpg

[カメラ]
FUJIFILM X-T1
 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
 XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS


JUGEMテーマ:写真




映画「奪われた村――避難5年目の飯舘村民」とお話の集い

ubawareta-mura.jpg



00015.jpg



00019.jpg

きょう午後1時半から、埼玉県ふじみ野市の「ふじみ野市サービスセンター」多目的ホールで開かれた「映画『奪われた村――避難5年目の飯舘村民』とお話の集い」に行ってきました。

――「日本で最も美しい村」と呼ばれた村がありました。
このドキュメンタリーは、村人たちの心に残る「美しい」村の記憶であり、人びとの哀しみと苦しみと、忘れられない喜びの記録です。それは、その記憶や記録すらなかったこととしようとする者たちへの抵抗でもあります。
(「奪われた村 避難5年目の飯舘村民」チラシから)

――2011年3月の福島第一原発事故から6年が経ちましたが、依然として解決の見通しがつかず、問題が山積しています。
原子炉内の想像を絶する放射線量、溜まり続ける汚染水、被災された小児の甲状腺がんの増加、長引く避難生活などなど。それにも拘わらず、原発再稼働を進める政府。
この4月には避難指示区域を解除して、これまでの支援を打ち切り、住民の帰還を無理やり進めようとしています。
長い避難生活や解除の年間被ばく線量基準が20ミリシーベルトと高く、帰りたくても帰れないという人が多くいます。自主避難者の住宅支援の打ち切りなど、原発被災者は苦境に追い込まれています。
安倍政権の被災者切り捨て、原発再稼働の策動のもとに、こうした深刻な問題が風化させられるのではという危惧から、この苦境の中で生き、たたかう人々の現状を多くの人に知ってもらい、福島原発事故の問題を共有し、解決へむけて私たち市民にできることを考える一助となればと思っています。
(集いの資料パンフレットから)

映画「奪われた村」(監督 豊田直巳)、胸を打つドキュメンタリーでした。
原発事故がもたらしたもののあまりの大きさ。それは生身の人びとの人生を根底から変えてしまう、あらゆるものをだいなしにしてしまう、怨んでも怨みきれないほどの、取り返しのつかないもの。
その償いもなしに、この事実を消し去ろうとするかのように、高レベルの放射線量でもよしとする避難解除、支援打ち切り、原発再稼働がすすめられている、それが今の日本の、福島の、飯舘村の現実。
「忘れてはいけない」「許してはいけない」、ほんとうに、ほんとうにそうだと思う。

どうしてこの国は、チェルノブイリなみの放射能への真剣な対応をしようとしないのか、その教訓を見ようともしないのか。20ミリシーベルトが安全だなんて、帰って大丈夫だなんて、ムチャクチャだ。そんなことを容認する国民が信じられない。
どうして人びとの健康を第一に考えるのでなく、できるだけ支援をしないですむようにしようとするのか。原発をつくり、事故をひきおこした責任を誰もとろうとしない、それが許されるのか。

上映会のあと、お話に立たれたのは、『ルポ母子避――消されゆく原発事故被害者』(岩波新書)の著者で、福島の取材を続けているフリーライターの吉田千亜(よしだ・ちあ)さんと、原発事故後に3歳と5歳の子どもを連れて福島県いわき市(ぼくも以前、視察に訪れたところの一つです)から栃木へ、さらに埼玉県毛呂山町へと避難してきた河井かおりさん。

お話の中で、河井さんが体験してきた行く先々での自主避難者への心ない冷たい差別的しうちの数々、まさに去るも地獄、残るも地獄といってよいほどの被災者のきびしい現実が生々しく語られ、いったいこの国は、この国の人びとはどうなっているのかという思いにさせられました。

また、この福島の問題に限らず、多くの人が無意識のうちに社会や政治に目を向けないで生きていることが、どんなにもこうした問題を引き起こす大元を生み出し、解決を遠ざけ、難しくしてしまっているかということも強く思わされました。

最後に、川越、富士見、三芳、新座、東松山、志木、ふじみ野、坂戸、鶴ヶ島、鳩山、所沢の代表者から、各市での定期的な「さよなら原発パレード」や学習会をはじめとする、これまでの多くの取り組みの報告がありました。

原発事故をうけて、たくさんの人びとがあちこちで、いま何かをしなければと自主的にたちあがり、それがあれから6年たった今も続けられ、心ある人びとはたしかにここだけでなく全国にいて、その取り組みと広がりこそがきっと原発のない、ほんとうに良い社会、未来を切り拓いていくのだと思わずにはいられませんでした。

64年間生きてきたぼくも、いつお迎えが来るか分からない年代となるにつけ、この国、この社会、この世界、人類の未来がどうなるものか、とてもとても気になります。
願わくば、わが命あるうちに、未来への希望がしっかり見いだせるような世界になればと思いつつ、人頼みではなく、ぼくも、この世界の人びとの幸せと未来のために、残る命、いくらかでも役立ちたいと思うばかりです。

まもなく、9月中旬には晴れてフリーになります。
どこか、手の足りていないところがあれば、お声かけください。
できることであれば、すぐにもかけつけます。
| 花と草木 | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0)

毛呂山総合公園 花蓮まつり(1)
_DSF4515.jpg

去年もおとずれた毛呂山総合公園(もろやま・そうごうこうえん:埼玉県入間郡毛呂山町大谷木443)の「花蓮まつり」に、7月8日朝、ことしも行ってきました。
きれいなハスがたくさん咲いていました。



_DSF4398.jpg



_DSF4432.jpg



_DSF4456.jpg



_DSF4441.jpg



_DSF4422.jpg



_DSF4388.jpg



_DSF8132.jpg



_DSF8120.jpg

「花はす広場」はこの先です。
「開園時間 午前6時から正午まで」となっています。



_DSF8118.jpg

上尾から毛呂山総合公園までは約33km。朝6時15分にバイクで出発し、高速は使わず、7時15分に到着。所要1時間ほどでした。
バイクはこちら、駐車場の奥のほうに。



_DSF8119.jpg

先日、オイル交換をしてから、ますます調子が良くなったフォーサイトくんです。

[カメラ]
FUJIFILM X-T1
 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
 XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS


JUGEMテーマ:写真

| 花と草木 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0)

古代蓮の里(3)

「古代蓮の里」(埼玉県行田市大字小針2375-1)に咲くハスの花から(開花期間:6月下旬〜8月上旬)。






















[カメラ]
FUJIFILM X-T1
 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
 XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS
Nikon D300s
 AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm f/4.5-5.6G


JUGEMテーマ:写真




「かぐや姫の物語」


遅ればせながら、『かぐや姫の物語』(角川文庫)を読みましたです。

涙が出るような場面もちとありましたが、「姫の犯した罪と罰」というドストエフスキーばりのかっこいいサブタイトルがあまりピンとこなかったです。
流れにちょっと疑問のあるところもありましたが、なかなかいい物語で、すっかり引き込まれてしまいました。
が、映画でもテレビでも見てなかったので、本で(文字だけで)読んでみると、ちょーっと困ったことが。。。

ひとつは、帝も仰天の世にも美しいかぐや姫の、その容姿というのが、いったいどんなものなのかが、どうにもわからないのです〜! それ、見たい〜!
もう一つ、最初から最後まで幾度も出てくる例の意味深なわらべ歌、「まわれ まわれ・・・まつとしきかば 今かへりこむ」というのが、いったいどんな旋律(メロディ)のものなのかが、どうにもわっからないのです〜! ううう、、、

これって、口絵のところに、かぐや姫の写真と、わらべ歌の楽譜とを、ぜったい載せといて欲しいですよね〜!
これ、どうしても知りたいので、駅前のTUTAYAでDVD借りて観ることにしてます〜
| 花と草木 | 21:17 | comments(0) | trackbacks(0)

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
profilephoto

facebook.png

twitter-bird_fw.png

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村