あんぐるエフ

kam's デジカメ・フォトノート

権現堂堤 スイセン
_DSF7729.jpg

元旦に初日の出を見に行った「埼玉大橋」(埼玉県加須市)からはしごして、となりの幸手市にある「権現堂堤」(ごんげんどうつつみ:以前2016年10月に「曼珠沙華まつり」に訪れた)に行き、スイセンを楽しみました。



_DSF7757.jpg



_DSF7783.jpg



_DSF7714.jpg



_DSF7798.jpg



_DSF7671.jpg



_DSF7823.jpg



_DSF7721.jpg



_DSF7828.jpg



_DSF7624.jpg

ペーパーホワイトも少し咲いていました。



_DSF7625.jpg



_DSF5229.jpg

まもなく「水仙まつり」です。



_DSF7636.jpg

心地よい散歩道に沿ってスイセンが咲いています。



_DSF7782.jpg

5分咲きとのことでしたが、もうたくさん咲いていて、とても撮りきれませんでした。



DSCF9234.jpg

バイクはこちらの駐輪場に。



DSCF9236.jpg

初日の出を撮るために、カメラバックのほかに脚立と三脚も積んでいきました。

[カメラ]
FUJIFILM X-T1
 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
 XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS
FUJIFILM XQ1


JUGEMテーマ:写真


| 花と草木 | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0)

2019年 「埼玉大橋」初日の出

2019年のバイク初乗り5時半発で、まだ真っ暗な中、初日の出を拝みに行きました。

ことしはちょっと近場で、埼玉県加須市にある初日の出スポット(きのうまでぜんぜん知らなかった、あはは)「埼玉大橋」(新大利根川橋)。
ここ、利根川のむこうに初日が昇るというなかなかの絶景。




6時57分、初日が顔を出しました。










地球がクルクル回って、毎日昇る太陽が、きょうは特別(人間が勝手に特別にしてるんだろうけど)。
埼玉はすごく晴れ渡って、願ってもないバッチリの初日に、なんかいいことありそうな予感のした一年の始まりでした。




予想通り、橋の狭い歩道に、端から端まですごい人。で、ぼくはだーれもいない反対車線の歩道に脚立を立てて、初日を拝む人々の風景を撮ってみました。







「埼玉大橋」から望むピンクに染まった富士山。




「埼玉大橋」は、以前ホテイアオイを見に訪れた「道の駅童謡のふる里おおとね」のすぐ先でした。
車で来ている人は、ここの駐車場やあたりの路上に駐車していました。




バイクは「道の駅おおとね」の田んぼ側の入口、こちらに。

[カメラ]
FUJIFILM X-T1
XF10-24mmF4 R OIS
XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
FUJIFILM XQ1
| イベント | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0)

名栗武州世直し一揆
DSCF9195.jpg

埼玉県飯能市名栗は、「武州世直し一揆」発祥の地として知られています。
名栗湖に向かう途中、道路沿いに、その「世直し一揆」を描いた、こんな大きな壁画が連なっています。



_DSF7581.jpg



DSCF9198.jpg

今から152年前、江戸末期の慶応2年(1866年)6月、米価の高騰などにともない、困窮した名栗村村民らが中心となって「世直し」の旗印を掲げて巻き起こった「武州世直し一揆」は、またたく間に関東一円に広がり、約200カ村、十数万人が一斉蜂起するまでに発展したといわれます。

一揆はわずか7日間で鎮圧され、首謀者の島田紋次郎(42歳)、新井豊五郎(44歳)の2人は捕らえられて追及を受け、村では2人の赦免嘆願運動が展開されましたが、10月、11月、2人は牢死することになりました。

民衆が精一杯の抵抗を表したこの幕末最大規模の一揆は幕藩体制や社会に大きな影響を与え、名栗の歴史に欠かせないものとして刻まれているそうです。
すごいですね。



DSCF9199.jpg



_DSF7585.jpg



_DSF7584.jpg



_DSF7586.jpg



DSCF9211.jpg



_DSF7588.jpg



DSCF9213.jpg

[カメラ]
FUJIFILM X-T1
 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
FUJIFILM XQ1


JUGEMテーマ:写真

| アート | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0)

名栗湖・有間渓谷の紅葉2018(2)
_DSF5107.jpg

名栗湖・有間渓谷(埼玉県飯能市下名栗)の紅葉です。



_DSF5075.jpg



_DSF5085.jpg



_DSF5190.jpg



_DSF5179.jpg



_DSF5173.jpg



_DSF5105.jpg



_DSF7564.jpg



_DSF7562.jpg



_DSF7568.jpg

[カメラ]
FUJIFILM X-T1
 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
 XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS
FUJIFILM XQ1
iPhone8


JUGEMテーマ:写真

| 花と草木 | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0)

名栗湖・有間渓谷の紅葉2018(1)
_DSF5187.jpg

11月8日のお昼、仕事で日野市に行ったついでに、「紅葉スポット」といわれている名栗湖・有間渓谷(埼玉県飯能市下名栗)をまわってみました。
まだ紅葉はじめというところでしたが、ところどころ、素晴らしい景観も見られて、とてもよかったです。



_DSF5182.jpg



_DSF5091.jpg



_DSF5130.jpg



_DSF5087.jpg



_DSF5180.jpg



_DSF5083.jpg



_DSF5178.jpg



DSCF9201-2.jpg

日野市から名栗へは、青梅を経由し、小沢峠を超えるルートでした。
途中に狭くて暗いトンネルもあり、行き交う車もほとんどないクネクネとした山道を走って行くのは、ひどく心細い思いがしたものです。

こちらが、たどりついた名栗湖有間ダムのほとりです。



DSCF9202-2.jpg



DSCF9210.jpg

ダムの沿道を走っていくと、お休み処「レイクサイドテラス名栗湖」がありました。



_DSF7570.jpg

「なぐり紅葉まつり」のポスターが貼ってあります。
3日後の11/11となっていますが、まだちょっと早いかも。



DSCF9206.jpg

テラスのあたりはすごい景観。



_DSF7574.jpg



DSCF9209.jpg

[カメラ]
FUJIFILM X-T1
 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
 XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS
FUJIFILM XQ1
iPhone8


JUGEMテーマ:写真

| 花と草木 | 21:59 | comments(0) | trackbacks(0)

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
profilephoto

facebook.png

twitter-bird_fw.png