あんぐるエフ

kam's デジカメ・フォトノート

城山かたくりの里(2)
_DSF0291.png

城山かたくりの里(神奈川県相模原市緑区川尻4307)に咲いていた花々から。

こちらは、オカメザクラ(おかめ桜)。



_DSF0290.png



_DSF0277.png

ゴテンバザクラ(御殿場桜)。



_DSF0305.png

バクハンツバキ(卜半椿. )。



_DSF0307.png

ミツマタ(三椏)。



_DSF0308.png

ムラサキハナナ(紫花菜)。



_DSF0425.png

ショウジョウバカマ(猩々袴)



_DSF0434.png

イカリソウ(碇草)。



_DSF0389.png

ヒトリシズカ(一人静)。

これ、撮ってたら、近くにいた女性が、「それ、なんていうお花なんですか?」と尋ねてこられました。
ぼくが「あ、ひとりしずかです」と答えたら、
「まあ、ずいぶん奥ゆかしいお名前なのね。かわいいお花ね」とよろこんでおられました。



_DSF0352.png

ボケ(木瓜)。



_DSF0313.png



_DSF0310.png

ヒヤシンスかな。



_DSF0299.png

ヒメコブシ(姫辛夷)。



_DSF0344.png

ウラシマソウ(浦島草)も咲いていました。



_DSF0347.png

ユキワリソウ(雪割草)。



_DSF0364.png



_DSF0328.png

リュウキンカ(立金花)。



_DSF0360.png

アセビ(馬酔木)。



_DSF6688.png

中腹にある休憩所・画廊。



_DSF6703.png

ちょっとおじゃまして、コーヒーをいただきました。

コーヒーを飲んでいたら、3人グループの方が登ってきて、
「あら、花写真だって。コーヒーもあるわ。寄って行く?」とほかのメンバーに。
すると「あ〜、あがるのが面倒だわ。花の写真、もう実物をいっぱい見てきたから、見なくていいわ」だって。
写真て、そういうことじゃないんだけどね〜

結局、もう一人の方の要望で、みなさん、コーヒーを注文しておられました。



_DSF6696.png

山頂は、ホウキモモが絶景でした。



_DSF6691.png

ポッカポカのいい天気で、いつまでもベンチで休んでいたい気分でした。



_DSF6701.png

そこらじゅうがお花畑、まさに楽園って感じです。

また来れて、ほんとにしあわせ!

[カメラ]
FUJIFILM X-T1
 XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS
 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS


JUGEMテーマ:写真



| 花と草木 | 07:17 | comments(0) | -

城山かたくりの里(1) カタクリ
_DSF0397.png

3月26日(木)に訪れた城山かたくりの里(神奈川県相模原市緑区川尻4307)に咲いていたカタクリ(片栗)の花から。



_DSF0461.png

この日は、満開になって5日目とのことでしたが、あっという間に、もうたくさんの花がしおれはじめていました。ギリギリ間に合って良かったところです。



_DSF0456.png



_DSF0466.png



_DSF0436.png



_DSF0363.png



_DSF0462.png



_DSF0453.png



_DSF0416.png

シロバナカタクリも少し咲いていました。




城山かたくりの里までは、風もなく、いい天気のもと、行きは高速を使って約73km、所要約1時間20分、帰りは町田街道から16号経由で約62km、所要約2時間50分でした。

バイクはこちらに。



_DSF6678.png

平日でしたが、けっこうたくさんの車がやってきていました。



_DSF6683.png



_DSF6684.png

おなじみ、大きなヒメコブシの木が満開の入口です。

実は、ここを訪れるのは2016年以来、4年ぶり(2017年の春は入院していました。元気になったらまたぜひ訪れたいと思っていたのが、今回実現したわけでした)。

受付に行くと、以前、毎回顔を合わせていたスタッフの方が、ありがたくも、久しぶりのぼくに気がついてくださいました。なんと、このブログ「あんぐるエフ」も覚えていてくださいました!

今回は、先日ブログに掲載した「城山かたくりの里 ダイジェスト」(2006年から2016年までのカタクリをはじめとする花々のダイジェスト版)を用意して行ったので、さっそくダイジェスト資料(下)をお渡しし、見ていただくことにし、喜んでいただくことができました。良かった良かった。

ダイジェスト表紙




_DSF6685.png

カタクリ、ホウキモモをはじめ、ものすごくたくさんの花が咲きそろっています!




入園券。



リーフ.png

リーフレット。



_DSF6687.png

久しぶりに来てみたら、トイレが新しくなって増設されていました。



_DSF6706.png

山肌にはたくさんのカタクリ!

[カメラ]
FUJIFILM X-T1
 XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS
 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
iPhone8


JUGEMテーマ:写真



| 花と草木 | 15:34 | comments(0) | -

みかも山公園 ザゼンソウ、アズマイチゲ、ニリンソウ、ユキヤナギ
_DSF9927.png

「みかも山公園」(三毳山公園:栃木県栃木市岩舟町下津原1747-1)に咲いていた「ザゼンソウ」(座禅草、別名「達磨草」=だるまそう)です。



_DSF9930.png

まわりある茶色の背景が仏焔苞(ぶつえんほう)とよばれるもので、水芭蕉の白いやつと同じです。
仏炎苞を「仏像の光背」とし、中にある花を「座禅を組んだ達磨大師」に見立てて、「座禅草」「達磨草」と名づけられているのだそうです。

花言葉は『沈黙の愛』。

咲く時期は場所によって違っていて、1月〜2月頃のところや2月〜3月頃のところ、標高の高いところでは4月頃となって水芭蕉といっしょに咲いているところもあるようです。
「ザゼンソウ」は、かたくりとともに、お目当てにして行ったのですが、もう見頃を終えるところで、ギリギリセーフでした。



_DSF6614.png

「ザゼンソウ」が咲いているのは東口入口を入ってすぐ北にある「湿性自然植物園」で、この木道の右側の湿原(水はありませんでしたが)です(植物園をぐるっと回ってきたので、写真の向こう側が東口です)。



_DSF6615.png

ポツポツと緑色の葉が見えるのや茶色く見えるのが「ザゼンソウ」です。
小さな花で、左に見えている柵の中には入れないので、撮るのはなかなかたいへんです。



_DSF9939.png

公園のあちこちに咲いていたアズマイチゲ(東一華)。



_DSF9942.png



_DSF9943.png



_DSF0050.png

こちらも、かたくりの回りにたくさん咲いていたニリンソウ(二輪草)



_DSF0231.png



_DSF6672.png

ユキヤナギ(雪柳)もきれいに。



_DSF6674.png


[カメラ]
FUJIFILM X-T1
 XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS
 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS


JUGEMテーマ:写真



| 花と草木 | 22:37 | comments(0) | -

みかも山公園 かたくり(4) & 強風
_DSF9995.png

「みかも山公園」(三毳山公園:栃木県栃木市岩舟町下津原1747-1)に咲いていたかたくりの花から。



_DSF0021.png



_DSF0197.png



_DSF0176.png



_DSF0243.png



_DSF0043.png



_DSF9983.png



_DSF0182.png



_DSF6662.png

道案内の右方面「あじさいの路」をすすみます。



_DSF6661.png

沿道の桜もきれい。



_DSF0256.png



_DSF6665.png

かたくりの咲く「大田和群生地」は、ここから登っていきます。



_DSF6666.png

けっこう急な階段がずっと続きます。
翌日は足腰がひどい筋肉痛でした (;。;)



_DSF6667.png

階段脇の斜面にはたくさんのかたくりが見えてきました。



_DSF6669.png



2020-03-19-10.36.21.png

ハイカーのグループのみなさんが、何組もやってきました。
山登りなので、すれ違うときは「こんにちわ〜」と声を掛け合います。

[カメラ]
FUJIFILM X-T1
 XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS
 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS


JUGEMテーマ:写真




強風

伊勢崎.png

きのう(3/22)は、ツーリングを兼ねてバイクで群馬の前橋方面に向かったのですが、目的地まであと30分くらいの伊勢崎市あたりから急に空が曇ってきたと思ったら、猛烈に風が強くなってきて、ひどくあおられて走ってられなくなりました。



天気.png

スマホで天気を見てみたら、ついさきほどまで4m/sくらいだった風速が、突然、8から10m/sなんてなっているではありませんか。
10m/sなんて、吹っ飛ばされてバイクごと対向車線に放り出される恐れのあるレベルです〜

そのまま走るのは危険なので(行けたとしても帰りはさらに危険そう)、前橋はあきらめて、風よけできそうな裏道通って引き返すことにしました。
まあ、危険を冒してまで行くほどのものでもないので。
| 花と草木 | 22:52 | comments(0) | -

みかも山公園 かたくり(3)
_DSF0236.png

「みかも山公園」(三毳山公園:栃木県栃木市岩舟町下津原1747-1)に咲いていたかたくりの花から。

この写真では、花の中の模様がわりとよく見えています。なんのためにこういう模様になっているのか分かりませんが、とてもよくできたデザインです! ちゃんと気づいてあげないとね。



_DSF0010.png

そうそう、かたくりを見に来ていた4、5人のグループのうちの女性のお一人が、「うわぁ、みんなイナバウアーだよ! 見てごらん。ほら、ほら、みーんなイナバウアーだよーっ!」って、うれしそうに叫んでおられて、笑えました。
そう、フィギュアスケーターの荒川静香選手の、そっくりかえる、あれです。たしかに!



_DSF0229.png

こちらもしっかりイナバウアー(笑)

茎の先をクルっと曲げて、花を下向きにするって、花が上にちょこんと乗っているのよりもとても愛らしくなって、なかなかのアイデアです。



_DSF0027.png



_DSF0089.png

こんなものがある地球、こんなものを生み出すこの宇宙って、素晴らしいなぁと思ったりします。
これを見て、素晴らしいと感じることができる「人間」に生まれ来たことって、ありがたいなぁと思ったりします。
なんのためでもない、生きてるうちに、こういうありがたいこと、いっぱい楽しまなければもったいない。



_DSF0150.png

デジカメは紫色が苦手です。カメラによっては「赤紫」が「青紫」に写ったり、「青紫」が「赤紫」に写ったりしてしまいます。

なので、ムラサキツユクサとか紫のキキョウといった紫系の花を撮るときは、実際には「赤紫」なのか「青紫」なのかをメモしたり、メールに書き込んで自分宛に送っておいたりしています。

今回使っているカメラでは、わりと実物に近い色が出ますが(購入時にもすぐにテストしたものでした)、かたくりは「赤紫」です。

また、赤もデジカメの苦手なところです。カメラによっては、赤が飽和してしまう(ベタベタになってディテールが失われる)ことがよくあります。
これも、カメラ購入時にすぐに大丈夫かどうか調べたものです(このカメラは大丈夫でした)。



_DSF0007.png



_DSF0065.png

いつもなのですが、花を撮りながら、まるでぼくが撮りに来るのを待っててくれてたみたいな、「ほら、わたしを撮って!」と言われているような感覚になるのです。
一輪、一輪にありがとう、だね。



_DSF6677.png

こちらは2日目の公園南口駐車場。
バイクは左の端っこのほうにとめています。
この手前の階段を上がっていくと「みかも山」への登り口です。



_DSF6671.png

バイクをおいたところは下の駐車場で、階段を上がったこちらにも駐車場があり、けっこうたくさんの車がありました。



_DSF6676.png



_DSF6675.png



_DSF6670.png

「フラワートレイン」のチケット売り場は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、運休で閉まっています。

[カメラ]
FUJIFILM X-T1
 XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS
 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
FUJIFILM XQ1


JUGEMテーマ:写真



| 花と草木 | 23:38 | comments(0) | -

みかも山公園 かたくり(2)
_DSF0183.png

「みかも山公園」(三毳山公園:栃木県栃木市岩舟町下津原1747-1)に咲いていたかたくりの花から。



_DSF0019.png



_DSF0121.png

なにかお話ししてるみたいな二人。



_DSF0219.png

いつも思うのですが、あんなに細長いスラリとした茎で、よくあの花を支えているなあって、ほんと不思議です。
そういえば、ハスの花も細い茎で大きな花を支えていますよね。うまくできてるものです。

それと、今回は花の正面からの写真を撮っていないので、少ししか見えませんが、あの花びらの真ん中のところにある模様が、とってもきれいですね。



_DSF0009.png



_DSF0067.png



_DSF0123.png



_DSF0078.png



_DSF6618.png

「かたくりの園」に向かおうとしていたら、「フラワートレイン」キスゲ号がやってきました。
「フラワートレイン」は運休中なのですが、見ると「試運転中」と書いてありました。
もちろん、乗客はいなくて、運転手さんだけです。



_DSF6622.png

案内板がありました。

「みかも山」はいにしえのころから名山として親しまれ、頂上からは関東平野を一望することができます。
この山を通ったといわれている「東山道(とうさんどう)」は、都があった京都から東北地方へおもむく三街道の一つでした。
「みかもの関」は、みかも山頂の北側、峠部分にあり、佐野市西浦と岩舟町をつなぐ下津原の犬石という地名の所にあったとも伝えられています。



_DSF6624.png

「早春の花まつり」って書いてあります。
左が「野草の園」、右が「かたくりの園」に向かう道です。



_DSF6630.png

「かたくりの園」までは500m。



_DSF6625.png

キスゲ号がやってきました。



_DSF6633.png

ハイキング姿のみなさんが先を行きます。



_DSF6637.png

あそこから急な坂道になります。



_DSF6638.png



_DSF6640.png



_DSF6642.png

急な階段を登っていきます。
運動不足の身には少々きつい・・・



_DSF6645.png

すると、あたりには、たくさんのかたくりの花が。



_DSF6646.png

「おつかれさまでした」
「かたくりの園」に到着。
先客が幾人も。



_DSF6650.png

いっぱい咲いています。
この橋みたいなところから、アングルファインダー付けて、望遠で撮るのですが、場所が狭くてちょっとたいへんでした。

[カメラ]
FUJIFILM X-T1
 XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS
 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
FUJIFILM XQ1


JUGEMテーマ:写真



| 花と草木 | 22:25 | comments(0) | -

みかも山公園 かたくり(1)
_DSF9960.png

かたくり(片栗)が満開との情報で、ちょっとばかり仕事の手空きができた3/18(水)、19(木)両日に訪れた「みかも山公園」(三毳山公園:栃木県栃木市岩舟町下津原1747-1)に咲いていたかたくりの花から。
たくさん撮ってきたので、連載していきます。

かたくりは、夏のレンゲショウマやサギソウなどと並んで、大好きな花のひとつ。
以前は、このブログではおなじみの「城山かたくりの里」に何年にもわたって訪れていたものですが、ここ4年ほど、かたくりとはごぶさたでした。
 ↓ ↓
●城山かたくりの里

今回はじめて訪れた「みかも山公園」ですが、「城山かたくりの里」と同じように、山肌にたくさんのかたくりが咲きそろって、目を楽しませてくれました。



_DSF9979.png



_DSF9967.png



_DSF0180.png



_DSF0025.png



_DSF9990.png



_DSF0237.png



_DSF0038.png



_DSF0208.png



DSCF9731.png

こちらは1日目に訪れた公園東口。
バイクはこちらの駐輪場に。

「みかも山公園」までは下道で約45km、所要約1時間20分ほど。高速(圏央道〜東北道)だと約50km、所要約50分。
今回は、仕事の関係で2日とも午前中だけの訪問で、1日目は下道で、2日目は高速で行き、帰りは2日とも下道でした。

栃木というとちょっと遠方にも感じていましたが、なんと、よく訪れている所沢に行くのとほとんど同じくらいで、昭和記念公園とかに比べるとはるかに近いのでした(いま、それだけ遠くに流れきているということでもありますが)。



_DSF6595.png

駐車したところの道路の向こう側にある管理事務所・緑の相談所。



_DSF6597.png

新型コロナウイルスの関係で、「3月中の講座展示を全て中止いたします」とのこと。



_DSF6596.png

平日でもあり、人の姿はそれほど多くはありませんでした。



_DSF6603.png

「ひだまり食堂」。こちらで公園マップをいただきました。



Map01.png

かたくりはマップ左の「カタクリの園」と「大和田群生地」に咲いています。


Map02.png

マップの上側が東口、右側が南口。マップの真ん中付近が「カタクリの園」、その右側が「大田和群生地」です。
1日目は東口から「カタクリの園」へ。2日目は南口から「アジサイの路」(マップの右上)をたどって「大田和群生地」をたずねました。

ここは、公園と言っても、「みかも山」「ハイキングマップ」とあるように山道そのものなので、訪れている人の多くは服装も靴もちゃんとしたハイキングスタイルでした。



_DSF6599.png

「みかも山公園」には、コスモス号、キスゲ号、カタクリ号、アジサイ号の4台の「フラワートレイン」が園内を走ります。



_DSF6606.png

あちらがチケット売り場。



_DSF6604.png

ところが、「フラワートレイン運休のお知らせ」が。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3/6〜3/24運休とのこと。



_DSF6653.png

ちょっとさびしい「うんてんしゅさんのおへや」です。



_DSF6602.png



_DSF6601.png

下毛野(しもつけの)
みかもの山(やま)の
小楢(こなら)のす
まぐはし児(こ)ろは
誰(た)が笥(け)か持(も)たむ

 万葉集 東歌

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【意味】
下毛野みかもの山に生える
楢の若木のように
目に美しいあの娘は
誰の食器を持つのだろうか(誰の妻になるのだろうか)。

 万葉集 5424

[カメラ]
FUJIFILM X-T1
 XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS
 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
FUJIFILM XQ1
iPhone8


JUGEMテーマ:写真



| 花と草木 | 13:25 | comments(0) | -

上尾散歩 ハナニラ、オトメツバキ、ペーパーホワイト
_DSF9916.png

お昼がてら散歩に出かけたら、ハナニラ(花韮)が咲いていました。



_DSF9914.png

きれいなオトメツバキ(乙女椿)も。



_DSF9915.png



_DSF9919.png

ペーパーホワイトもたくさん。



_DSF9920.png

JUGEMテーマ:写真


[カメラ]
FUJIFILM X-T1
XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS
| 花と草木 | 19:34 | comments(0) | -

上尾散歩 遍照院の花々 & バイクガレージ撤去
_DSF9901.png

仕事に合間に、散歩がてら遍照院(へんじょういん:埼玉県上尾市上町1-6-1)を訪れました。
境内には桜が満開!



_DSF9900.png



_DSF9906.png



_DSF9886.png

梅の花は終わりに近づいていましたが、まだきれいに咲いているものも。



_DSF9888.png



_DSF9879.png



_DSF9887.png



_DSF9881.png



_DSF9883.png

真っ赤なボケ(木瓜)の花がたくさん。



_DSF9882木瓜.png



_DSF9907トサミズキ.png

トサミズキ(土佐水木)もいっぱい。



_DSF9897.png

ユキヤナギ(雪柳)も元気いっぱい。



_DSF9895ユキヤナギ.png



_DSF9892山茱萸.png

サンシュユ(山茱萸)もたくさん。



_DSF9893.png



_DSF9909白木蓮.png

ハクモクレン(白木蓮)が大きな白い花をたくさん咲かせていました。



_DSF9908.png



_DSF9873黄房水仙.png

こちらは、遍照院に向かう途中で見かけたキブサスイセン(黄房水仙)。

[カメラ]
FUJIFILM X-T1
XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS
FUJIFILM XQ1


JUGEMテーマ:写真




バイクガレージ撤去

DSCF9708.png

向こうに見えるバイクガレージ、昨年11月に設置したものですが、3月6日、撤去することになりました。

上の写真は、3月5日にバイクで出かける前のものですが、この日は北風がとても強くて、途中まで走ってから、かなり危険を感じて引き返して戻ってきてみたら、なんと、強風でガレージが大きく左に1mくらい動いていたのでした。
ブロックなどあんなにたくさんの重しをあちこちに置いていたのに、その重しもバラバラに転がってしまっていて、ほとんど役に立たない状態になっていました。
引き返してきていなかったら、とんでもない状態になっていたかも。

天気予報では、あしたも全国で春の嵐が吹き荒れるとのことですが、ガレージ設置当初から悩みの種だった風対策は、こうなると、もうお手上げという感じで、この際、事故にならないうちに、残念ながら撤去することにしました。



DSCF9709.png

3月6日、少し風がおさまったところで一気に撤去して、ご覧の通り。
ま、これで風の心配をしなくて良くなりました。
| 花と草木 | 22:22 | comments(0) | -

節分草園 セツブンソウ
_DSF9830.png

2月24日、「ムクゲ自然公園」からはしごして訪れた「節分草園」(埼玉県秩父郡小鹿野町両神小森堂上)に咲いていたセツブンソウ(節分草)から。



_DSF9859.png

セツブンソウは、直径2cmほどの白く可憐な花。
見ごろは2月下旬から3月中旬頃。



_DSF9853.png



_DSF9848.png



_DSF9845.png



_DSF9862.png



_DSF9846.png



_DSF9864.png



_DSF6583.png

バイクは節分草園の道路をへだてた駐車場に。



_DSF6585.png

あちらが「節分草園」。



_DSF6584.png

約5,000屬痢崟疂草園」は、自生地として日本有数の規模を誇ります。



_DSF6593.png

入園料は300円。



リーフ.png



入園券.png



_DSF9827.png



_DSF6590.png

下の白いのがみんなセツブンソウ。



_DSF6588.png

たくさん咲いています。



_DSF6589.png

[カメラ]
FUJIFILM X-T1
XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS
XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS


JUGEMテーマ:写真



| 花と草木 | 14:26 | comments(0) | -

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
profilephoto

facebook.png

twitter-bird_fw.png