あんぐるエフ

kam's デジカメ・フォトノート

分福茶釜の茂林寺
_DSC3208.jpg

きのう載せた、東武トレジャーガーデンにあった「分福茶釜」。
トレジャーガーデンからの帰りに、すぐ近くにある、その伝説のお寺「茂林寺」(もりんじ:群馬県館林市堀工町1570)にも立ち寄ってみました。



_DSC3146.jpg

お寺に行く道に「ぶんぶくちゃがま絵本案内板」というのがありました。
これ、茂林寺前駅(東武鉄道伊勢崎線)からはじまって、13枚で構成されていると書かれています。これはその12。
たぬきの茶釜が登場して、綱の上で宙返り、たぬきの茶釜は大人気って書いてあります。



_DSC3207.jpg

茂林寺の入口広場にあるのがおしまいの13枚目。
たぬきの茶釜のおかげでお金が入り、村のために使われて、福を分けたので、和尚さんはこの茶釜を分福茶釜と名づけたって書いてあります。



写真-2016-10-10-16-09-33.jpg

総門(通称黒門)です。その奥に見えるのが山門(通称赤門)。



写真-2016-10-10-16-09-49.jpg

茶釜狸展というのをやっていました。時間がなくて、これはパスしました。
狸伝説のいろいろって、どんなんだろう。



写真-2016-10-10-16-10-07.jpg

総門をくぐると、山門(通称赤門)につづく参道の両脇に、なにか並んでいます。



_DSC3204.jpg

まず、参道右手の脇にはこんなのが。さっそくお賽銭。



_DSC3205.jpg

参道に並んでいるのはタヌキの像のよう。なんだかたくさん。けっこう大きい。



写真-2016-10-10-16-10-25.jpg

おう、これが分福茶釜ってことか。

ん? 分福茶釜って狸(タヌキ)が化けてたんだっけ?
さっきの絵本案内板ではそんな話にもなってたけど、トレジャーガーデンの説明書きではタヌキのことはふれてなかったなぁ。
茂林寺の伝説「分福茶釜と茂林寺」をみると、守鶴というお坊さんが実はタヌキで、その守鶴がどこからか持ってきた茶釜がいくら湯を汲んでも尽きることがない不思議な茶釜だったということになっているような。まあ、タヌキのしわざ(悪いことをしたわけではないけど)にはちがいないってことかな、、、
分福茶釜って、なんだか、いろんな説があるような。。。



_DSC3153.jpg

まあ、なにしろタヌキに因んだおはなしなので、それで、ここにはタヌキがいっぱい!



_DSC3155.jpg

これはタヌキのお坊さんってことかなぁ。



_DSC3156.jpg



_DSC3157.jpg



_DSC3158.jpg



_DSC3159.jpg



_DSC3161.jpg



_DSC3162.jpg



_DSC3163.jpg



_DSC3164.jpg



_DSC3165.jpg



_DSC3166.jpg



_DSC3167.jpg



_DSC3168.jpg



_DSC3169.jpg



_DSC3170.jpg



_DSC3171.jpg



_DSC3172.jpg



_DSC3173.jpg



_DSC3175.jpg



_DSC3176.jpg



_DSC3179.jpg



_DSC3180.jpg



_DSC3182.jpg

山門の左にもひときわ大きなタヌキ像がありました。



_DSC3178.jpg

山門をくぐります。



_DSC3196.jpg



_DSC3194.jpg

大きな木。



_DSC3195.jpg

「大サワラ」、樹齢380年以上。



_DSC3190.jpg

あっちにもこっちにもいろんなタヌキが。



_DSC3184.jpg

おみくじですね。



_DSC3216.jpg

「他抜守」だって!



_DSC3185.jpg



_DSC3188.jpg



_DSC3198.jpg

こちらには、タヌキが茶釜に化けて恩返しをする分福茶釜って書いてありますね。
えっ、タヌキの恩返し? そうなのか?
なんだかいろいろありすぎて、タヌキに騙されてるような気もしないでもないけど、ま、福を分けるのが分福茶釜なんだということでね。



_DSC3218.jpg

マンホールもタヌキ。



_DSC3219.jpg

館林市のマスコットキャラクター、タヌキのポンちゃん!

[カメラ]
Nikon D750
 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
iPhone 6s


JUGEMテーマ:写真

| 旅・思い出 | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0)

秋の鎌倉(3) 長谷寺ライトアップ
_DSC1202.jpg

長谷寺のライトアップです。



_DSC1226.jpg



_DSC1275.jpg



_DSC1431.jpg



_DSC1259.jpg



_DSC1317.jpg



_DSC1305.jpg



_DSC1355.jpg



hasedera.jpg

[カメラ]
Nikon D3s
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


JUGEMテーマ:写真
| 旅・思い出 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0)

秋の鎌倉(2) 北鎌倉のお店から
_DSC1111.jpg

北鎌倉にはおもしろいお店がいろいろ。

こちらは、いろんな国のいろんな雑貨のお店「コンロラン」。



_DSC1115.jpg

はんこ屋さんの「篆助」。



_DSC1117.jpg



_DSC1114.jpg



_DSC1119.jpg



コーヒー.jpg

北鎌倉に行くと、よく寄っている「りせっとカフェ」。



_DSC1101.jpg



_DSC1103.jpg



おむすび.jpg

体にいい、いろんなおむすび(「薬膳五色米おむすび」)があります。



海鮮どん.jpg

今回は「海鮮どん」(「パワーアップすぅぷ」付き)を食べました。
おいしい。

[カメラ]
Nikon D3s
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


JUGEMテーマ:写真
| 旅・思い出 | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0)

長瀞 紅葉まつり(4) 「月の石もみじ公園」ライトアップ
_DSC2813.jpg

夕闇が迫ると長瀞駅にイルミネーションがともりました。
屋根の下のちっちゃな電車がかわいい!

これから徒歩で「月の石もみじ公園」のライトアップに向かいました。



_DSC0989.jpg

「月の石もみじ公園」に向かう沿道には、小学生のみなさんの作品かな、楽しい絵入りの灯籠がずーっと並んでいます。



_DSC0985.jpg



_DSC2837.jpg

ライトアップ会場に到着。



_DSC2842.jpg

おおお!

でもこれはまだ序の口。



_DSC2860.jpg

す、すごいです!



_DSC2891.jpg

いやいや〜、なかなか。



_DSC2988.jpg

人の数もすごい。



_DSC2957.jpg

あっちでもこっちでも。



_DSC2995.jpg

けっこう広くて、見ごたえあります。



_DSC3018.jpg

「ここに 我
 句を留むべき
  月の石」

公園の名の由来、高浜虚子の句です。



_DSC3054.jpg

[カメラ]
Nikon D3s
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


JUGEMテーマ:写真



フォーサイト見かけたよ

00.jpg

これは、おとといの11月30日、北鎌倉の浄智寺を訪れて,境内そばの駐車場に停めたぼくのフォーサイト。
U字形のテールランプが特徴的。



01.jpg

ところで先日の夜、近くのコープのお店に買い物に行ったら、U字形のテールランプのパールホワイトのバイクが。
「うそっ、なんでここにいるの? さっき出てくるとき家にいたはずなのに!?」と、思わず自分のバイクがそこにあるのかとマジで思ってしまいました(笑)

けど、よく見ると、リアボックスの色と形がちょっと違ってたので、ぼくのじゃないことが分かって(当たり前だけど)ホッとしました。

う〜ん、こんな近くにもフォーサイトに乗ってる人がいるんだ。
世間は狭いね〜



02.jpg

で、今朝のこと、出勤途中に明治通りを歩いていたら、またまたU字形のテールランプのパールホワイトのバイクが。
「えっ?」って思ったけど、さすがに箱形の青いリアボックスだったので、ぼくのバイクでないことは一目瞭然。そんなかんたんには騙されないよん。

これ、バイク便「セルート」。
そっか、フォーサイトでバイク便の仕事するってのもありなんだなって思ったよ。
| 旅・思い出 | 21:04 | comments(0) | trackbacks(0)

長瀞 紅葉まつり(3) 長瀞ライン下り
_DSC2532.jpg

長瀞(ながとろ:埼玉県秩父郡長瀞町)といえば、渓谷美を眺めながら船頭さんのあやつる和舟で荒川を下る「ライン下り」が有名。
秋の「紅葉まつり」のころには、岩畳周辺をメインに舟から眺める絶景の紅葉が見ものとなっています。



_DSC2421.jpg

こちらが駅前の発券所。
ところが、、、



_DSC2423.jpg

「ただいま混雑のため当日券の発売を中止しております」だって!



_DSC2436.jpg

「ライン下り」をやっているところはほかにもあって、こちらもそのうちの1つ。
中に入ってたずねてみると、ここでは当日の受付もやっていました。
が、こちらもけっこうな混雑状態で、乗れるまでには2時間待ちとのこと。

こりゃダメだ。てことで、乗船はやめにして川に行って眺めることに。



_DSC2574.jpg

ここが、駅前から線路を越して「岩畳通り」を降りていったところにある船下りの発着点です。

上流からのAコースはここが終点で、下流にBコースがここから出発します。
AとBの両方をまとめて楽しむ欲張りコースもありますが、この日は混雑のため、このコースは受付してなかったようです。



_DSC2601.jpg

これが岩畳。
けっこう広い。
ここから上流に向かってずっと続いています。



_DSC2569.jpg

足場も悪い中、たくさんの人が紅葉と川下りの見物にやってきていました。



_DSC2748.jpg

岩畳の上で待っていると、来ました、来ました、川下りの舟!
紅葉を背景に、なかなかの景観です。



_DSC2612.jpg

いくつも下ってきましたが、どの舟も満員。

お客さんはみんなおそろいのライフジャケットを身に付けています。
後ろに乗っている船頭さんが、あたりの様子など解説しているのが聞こえます。

岩畳の上から見ている人が手を振ると、乗船している人たちもいっせいに手を振って応えて、いい感じです。



_DSC2788.jpg



_DSC2740.jpg



_DSC2629.jpg

[カメラ]
Nikon D3s
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


JUGEMテーマ:写真
| 旅・思い出 | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0)

長瀞 紅葉まつり(2) 宝登山神社
_DSC2539.jpg

長瀞(ながとろ:埼玉県秩父郡長瀞町)の紅葉まつり散策の最初は「宝登山(ほどさん)神社」。

神社に向かう参道途中の紅葉もみごとでした。



_DSC2443.jpg

こちらが神社前。



_DSC2444.jpg

茶店が並んでて、こんなのいろいろ。
ここでちょっとおだんごで腹ごしらえ。



_DSC2452.jpg

大きな「二の鳥居」です。



_DSC2528.jpg

宝登山神社は秩父三社のひとつ。

「日本武尊(やまとたけるのみこと)が山に登ったとき山火事にあい、そのとき巨犬が現われ、火を消したことから、火止(ほど)神社と言われていました」



_DSC2524.jpg

石段の途中で振り返ると、すごい光景。



_DSC0577.jpg



_DSC2470.jpg

「本殿」に到着。さっそくお参り。



_DSC2499.jpg

お参りする人、こんなにいっぱい。



_DSC2464.jpg

「本殿」のとなりの「神楽殿」のあたりはみごとな紅葉・黄葉。

けど、神社の人の話では、見ごろは1週間前だったそうで、ライトアップも素晴らしかったと話しておられました。



_DSC2486.jpg

本殿の裏手にまわってみると、「日本武尊社」がありました。



_DSC2483.jpg



_DSC2516.jpg



_DSC2513.jpg

ガイガーカウンター「SV-2000」で「本殿」付近の放射線量を測ってみました。
地上1m、約6分計測で平均0.037μSv/hあたり。問題ないレベルでした。

宝登山と宝登山神社は、また蝋梅の季節に訪れるつもりです。

[カメラ]
Nikon D3s
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E III


JUGEMテーマ:写真
| 旅・思い出 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0)

長瀞 紅葉まつり(1) & 高速デビュー
_DSC2445.jpg

ちょっと前になりますが、11月21日に、新しいバイクの2度目のツーリングを兼ねて、長瀞(ながとろ:埼玉県秩父郡長瀞町)の紅葉を見に出かけました。

高速は使わず、バイクで下道、片道約65km。8時50分出発で、途中朝食をとったりしながら、到着は12時半でした。所要約3時間。



_DSC2435.jpg

秩父鉄道・長瀞駅前です。

「祝 長瀞ラインくだり 創業100周年」って書いてあります。100周年とはすごい。



_DSC2427.jpg



_DSC2432.jpg

レンタサイクルもあります。
今回は、徒歩で歩き回りました。



_DSC2426.jpg

これが長瀞駅。

人がいない時をみはからって撮ったのでひっそりとしてるように見えますが、紅葉まつりの時期とあって、実際はすごい人の数でした。



DSCF1202.jpg

バイクはどこにおけばいいかと駅に入って駅員さんにたずねたら、駅の左側の奥のところを指示されたので、ここに。
バイクの駐車料金は310円。

_DSC1074.jpg




_DSC2547.jpg

マンホール?(丸くないけど)のかわいい絵。

[カメラ]
Nikon D3s + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
FUJIFILM XQ2


JUGEMテーマ:写真



高速デビュー

所沢IC.jpg

今朝、代々木へ行くのに、バイク普通免許取得後初めて高速道路を走りました(所沢〜練馬の1区間だけだけど)。
 
家から7km(約15分)のところにある関越道・所沢インター。なんかグルグル回っててややこしい。
 
初めて使う例のETCカード、ちゃんと反応するかな? というのもあったのだけど、なんと出がけにかんじんのETCカードをセットするの忘れてて、インターに向かって走ってる途中で気がついて装着した(料金所まで行ってたらヤバかった)。
 
で、緊張しながら超低速で料金所に入っていくと、ETCはなにごともなくすぐ反応、「よしっ」と、左=東京方面へぐるりと回っていく(所沢インターやら練馬インターのビデオ見てイメトレしてたので道は間違えなかった)。
 
前に乗ってたリード110では最高85km/hくらいまでしか出なくて、こんどのフォーサイト(250cc)にしてからも75km/hまでしか出したことなかったので、ちゃんと走れるかな〜と思ってたが、本線に合流するアプローチのところで、ちとふかしたら、もう100km/h越えてた。おお、さすが原付とは違う!
 
今朝の高速はとても空いていて、風もなく、走りやすかった。
って言っても、所沢〜練馬1区間はほんの10分ほど (^^;)
 
夕方、帰りも練馬〜所沢間の高速夜道を走ってみた(夜、走る練習に)。
左端を80〜100km/hくらいで走ってれば、まあ問題はなさそうだよ。

てことで、まずまずの「高速デビュー」の一日でありました。



ナックルバイザー

ナックルバイザー.jpg

フォーサイトはフロントの風防は標準装備なんだけど、前のリード110では最初からつけていたナックルバイザー(ハンドルの風防)がついていないので、先日バイク用品ナップス埼玉店(桶川)で透明タイプのものを買ってきて、きのう、自分で取り付けました。

このナックルバイザーは汎用品のため、そのままだとブレーキレバーに干渉するので、取り付け穴を新しく開け直して少し前に出るようにしました。
さらに、これをそのまま取り付けると位置が低すぎてウインカーのところのカウルに干渉することがわかり、取り付け位置を高くするためにバックミラーを伸ばすためのミラーアダプターを買いに行きました。ところが、最初からついていたミラーだと右側にアダプターがセットできなくて(ネジ穴の向きの関係で)、結局、バックミラーも新しくしました(結果的にはより見やすいミラーになったので良かった)。

バックミラーの取り付け、取り外しには、上のカウルとフロントウインドウをはずさないといけないので、けっこうめんどうなのですが、何度かつけたりはずしたりして、もうすっかり慣れてしまいました。

ナックルバイザーがあると風も物もあたらないし、雨もけっこう防げていいのです。



エンジンストップスイッチ

そうそう、今朝、フォーサイトを外に出してエンジンかけようと思ったら、かからないのです。

最近、朝、エンジンかけてもドッコン、ドッコンみたいな今にも止まりそうな感じで毎回動きが悪くて、壊れたのかと思ったら、朝方はエンジンが冷えてて、そういうことになるらしいのです。
少しゆっくりと走って行くと直ります。

で、またエンジンが冷えててかからないのかと思って何度もやってみたのですが、いくらやってみてもぜんぜんかからなくてあせりました。

で、まいったなぁと思いつつ、ふと、エンジンがかからない設定とかあったかな、と思って気がついたのは「エンジンストップスイッチ」。
これ、教習所のスカイウエイブにもついていて、コケたりしたときにはすぐにエンジンをストップできるようになっているのです。

エンジンストップスイッチ.png


まさか、と思って見てみると、なんとこれが「OFF(エンジンがかからない)」側になっていました。
たぶん、ナックルバイザーを取り付けるときにスイッチにさわってしまったのでしょう。
で、それを通常の「RUN」側にしてからやってみると、すんなりエンジンがかかりました。

おおお、こんなこともあるんだ。気をつけないと。



シートオープンキーパー

DSCF1268.jpg

フォーサイトのシートのふたは横に片開きになっています。
これが、サイドスタンドを立ててシートを開けたりすると、傾くために勝手に閉まってしまう、というのがイマイチだという話をサイトでみかけますが、たしかにそうなんです。
アタマをつっかえ棒みたいにでもしないと、パタンと閉まってしまいます。


DSCF1271.jpg

で、シートを開いたらすぐ、シートの開閉部のところに、固めのスポンジみたいなのを2つくっつけたものを挟み込むことにしました。

すると、バイクが傾いてても勝手に閉まらなくなり、スポンジ風なので開閉部が痛むこともなく、便利です。
名づけてシートオープンキーパー、なんてね。
| 旅・思い出 | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0)

中津峡ツーリング
_DSC0546.jpg

奥秩父随一の美観と称賛され、埼玉県の名勝地に指定されている「中津峡」(なかつきょう:埼玉県秩父市中津川)。
紅葉見ごろとのことで、きのう、2度目のツーリングがてら行ってみました。

バイクで秩父を訪れるのは、これが初めて。



_DSC0548.jpg

真っ赤だな!



DSCF1088.jpg

雨上がりを待って家を出発したのは午前11時15分ごろ。
午後2時前、ここ、中津川沿いの景色のよいルートに入りました。
ここまで所要約2時間半(約87km)。

引っ越し前の鶴川からだとここまで所要4時間近いルート(約110km)となるので、所沢に移って秩父がすごく近くなったってこと。
逆に、鎌倉など南方面は1時間20分(約28km)ばかり遠くなってしまうので、所要時間が短縮できるよう、保土ヶ谷バイパスなど自動車専用道路も走れるバイクにかえることにしたのでした。



DSCF1128.jpg

絶壁の紅葉をながめながらのツーリング。



DSCF1105.jpg

快調にやってきたマイ・フォーサイトくん。
日光にはちょっと間に合わなかったけど、紅葉の秩父には間に合って良かった、良かった。

2年間乗って慣れきった前のリード110だとバイクとの一体感があって、もうほんと自分の「足」って感じでかなり自由に走り回れてましたが、マイ・フォーサイトくんはまだ2週間、何度目かの走行なので、慎重に走りをうかがいながら操縦している感じ。

それでも、とにかく落ち着いたスムーズな走行ぶりで、まるで船に乗っているような印象。これはリード110ではなかった感触。
そういえば教習所のスカイウェイブ400も船に乗っているような感じだったなあ。よくひっくり返ったけど(笑)



DSCF1106.jpg

休憩所。
トイレもあるし、おでんやうどん、食べられます。



DSCF1108.jpg

「しし汁」ってのは「いのしし汁」。



DSCF1109.jpg

「しし汁」にされちゃったイノシシくん?



DSCF1153.jpg

紅葉散歩じゃなくて、走ってる人もあったり。



DSCF1142.jpg

紅葉の渓谷をたどるバス。



DSCF1110.jpg

出発が遅かったので、あまりゆっくりはできなくて、午後3時まで行けるところまで行ってみようとやってきたのは「中津川キャンプ場」。



DSCF1111.jpg



DSCF1117.jpg



DSCF1115.jpg



DSCF1159.jpg

午後4時、帰途につきました。

[走行距離]
◎中津峡往復など(210km)
 7,762km

[給油満タン]
◎中津峡への往路途中で
 7,607km



スクリーンが曇って前が見えなくなる、危険!!

今回の中津峡ツーリング、帰り道でとても困ったことが起きました。

山越えのルートの途中から霧がかかったせいか、フロントスクリーンがメチャメチャ曇りはじめたのです。
手でふいてもぜんぜんだめで、途中でバイクを停めてクリーナーで拭いてきれいにしても、まもなくまた曇ってしまう、全面真っ白になってしまうのです。

これ、ことに対向車のライトを受けると乱反射して、まったく前が見えなくなるんです!
怖くてとても走れたものではありません。

曲がりくねった道だから、いつ路肩に突っ込んでしまうか分からない状態。危険!

とにかくスピードを落とし、すりガラスのようなスクリーンにぼんやりとにじんで見える、先を行く車の赤いテールライトと、センターラインとをたよりの、冷や汗ものの走行でした。無事だったのがありがたいほど。

これ、ロングスクリーンをつけていると雨や霧の際によく起こってしまう困った現象で、前が見えなくて高速道路で料金所に突っ込みそうになったという話もあるくらい。

フォーサイトに標準装備のロングスクリーンは、風防の点ではすごく良いのですが、こういうデメリットもあるってこと。
ほんとにまいった。できればスクリーンを取っ払ってしまいたいくらいでした。

伸び上がってスクリーンの上から前を見るとか、体を傾けてスクリーンの脇からのぞいて見るとかもしてみれば良かったかもしれませんが、後続車も続いていて油断できない状況で、そんな気持ちの余裕はありませんでした。


_DSC1031.jpg

で、これはなんとか対策を講じないとまずいということで、きょう東急ハンズで買ってきたのが、これ「花咲かG WAX ミステリーシャイン」。

ピカピカに磨けて水をはじき、スクリーンにも効果があるとのこと。

帰ってさっそくスクリーンに塗ってみました。
とってもきれいにはなりましたが、効果のほどは使ってみないと分かりません。

スクリーンをロングからショートやミドルに取り替えるという手もあるのですが、ロングスクリーンのメリット(風防効果)もあるので、できればこのままでいきたいところ。

それと、もしまたあんなことになったら、シートの上に何か置いて座る位置を高くして、スクリーンの上から前方が見えるようにしようと思っています(足付きは悪くなるので気をつけないといけませんが)。
もうちょっと身長があれば、自然にそうなっているのだろうけど(身長180cmの人が乗っているのを見ると顔がスクリーンより上になっている感じ)、ぼくの場合はスクリーンの上端が目の位置のやや上になっているので、あと3〜4cmも高くなればいけそう。
コンパクトな座布団みたいな、何かいいものはないかな。

そうそう、それとシートの腰止め(背もたれ)の部分がぼくにはやや後ろ過ぎる(寄りかかると腕が伸びてしまう)ので、その座布団みたいなものを腰の後ろに当てて、腰止めの位置がもうちょっと前にできるといいかも。



リムストライプ

DSCF1064.jpg

おととい、マイ・フォーサイトくんのタイヤに、赤い「リムストライプ」貼ってみました。



DSCF1065.jpg

うしろにも。

初めて貼ったので、ちょっとクネクネしてるけど、まいっかって感じ。

あれ? マフラーがずいぶんキズだらけだなあ。このまえ鳥居観音の急坂で倒してしまったときのやつか。。。

11月2日購入から、きょうで2週間。
だんだんと自分好みのバイクになってきてる感じかな。

[カメラ]
Nikon D3s + AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E III
FUJIFILM XQ2


JUGEMテーマ:写真
| 旅・思い出 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0)

白雲山 鳥居観音 & フォーサイト シートカバー張り替え
白雲山 鳥居観音

_DSC0961.jpg

奥武蔵・名栗にある「白雲山 鳥居観音」(埼玉県飯能市上名栗3198)は埼玉百選の観光名所のひとつ。
「西遊記」でお馴染みの「玄奘三蔵法師霊骨」が祀られている。
誰がつけたのか、「白雲山 鳥居観音」って、名前がかっこいい!

ここ、いま、紅葉が見ごろとの情報で、免許取得の翌日(11月2日)新しく入手したマイ・フォーサイトくん(ホンダ FORESIGHT EX)の初ツーリングと、新しく交換したタイヤ(ダンロップのSCOOT SMART)の慣らし(100kmまでは滑りやすいので気をつけて走る)を兼ねて、きのう行ってみた。

鳥居観音までの道は、途中から急なカーブが多く、慎重に安全運転。
フォーサイトくんの調子はとても良くて、入手から130kmくらい走ってもうだいぶ慣れてきたようで発進もスムーズにできるようになり、とにかくすごく静かで落ち着いた走り。

入手して乗って帰る時、さかんに左右にハンドルをとられてふらついたが、それはリアボックスのせいだった。大きなリアボックスでバランスがくずれて前輪が浮き気味になっていたようだ。
で、翌日、リアボックスを少し前に寄るように付け直し、重い物はのせないようにするとともに、ランゲージボックス(シート下)の前のほうに工具やチェーンなど重い物を集めて、重心が後ろに傾かないようにしたところ、すぐにそのふらつきはなくなった。
その後もフロントタイヤが路面のギャップを拾って走りにくかったが、ダンロップのSCOOT SMARTにタイヤを交換してからはすっかり安定して、とっても走りやすくなった。足回りって、ほんと大事だ。

そんなわけで今回は、まるで、このフォーサイトに乗るために生まれてきたんじゃなかろうかとさえ思えるほど、とっても幸せな気分の走行だった。

12時50分に出発し、13時50分到着。
片道36kmあまり、そんなに急ぎもしなかったのに1時間しかかからなかった。



DSCN3033.jpg

バイクはこちらに。

駐車場には砂利が敷かれていて、以前、リード110で、神社の砂利敷き駐車場で転倒したことがあるので(車と違ってバイクはコケるから困る)、注意深く進んで駐輪。



DSCN3038.jpg

バイク置き場はやわらかめの草地のため、バイクの重量でサイドスタンドが土に埋まってしまうので、常備しているサイドスタンドパッドを使用。これがあるなしで、ぜんぜん違う便利グッズ。



_DSC0963.jpg

鳥居をくぐるといい感じのトンネル。
ここも砂利道なので、キャリーバック式のカメラバックは引っぱるのがたいへん、しょうがないのでかかえて行った。



DSCN3039.jpg

山の上のほうにいろいろな見どころがあるもよう。
紅葉も上のほうで見られるようだったが、今回は、あとで書く緊急事情により、上には行けなかった。残念。



_DSC0968.jpg

本堂。

参拝者はたくさんではないが、あとからあとから次々と訪れていた。



_DSC0990.jpg

本堂の石段のそばにある「水かけ観音」。

「観音さま」と唱えながら水をかけると悪いところが治るとのこと。
では、と、心不全が治りますようにと、胸のところを中心に水をかけさせてもらった。これで治るといいな。



_DSC0967.jpg

こちらは「地蔵堂」。



_DSC0973.jpg

石段を上がって、本堂に。
お賽銭を入れ、ガランガランと鳴らして手を合わせた。



_DSC1005.jpg

「開運もみじ守」買った。



_DSC0977.jpg

ここ、とってもいい感じのところ。



_DSC0969.jpg

こちらは「鳥居文庫」。
この先が山頂への遊歩道入口。



_DSC0975.jpg

見どころいっぱいの山頂までの道のりは徒歩で40分かかるとのこと。重いカメラバックを持ってではとてもムリ。
下調べが足りなかったな。

と思ったら、有料の車道があった。
バイク300円とのことで、こちらから行こうとしたら、これが予想外のとんでもないことになってしまったのだった。

駐車場に戻ってバイクに乗り、ここから坂道を登っていったのだが、思いのほか急坂で、石ころがゴロゴロして二輪車には過酷なとても足場の悪い道。

以前、リード110で、坂道を登れなくて往生したことがあったのだが、250ccのフォーサイトならそんなことはないだろうと思ったのが大間違いだった。

マイ・フォーサイトくん、もともとの重量が160kg以上あるうえに、4kgのリアボックスと重いカメラバックを積んだ状態ではこの急坂はとてもムリ、20km/hも出ないのだ。ヒイヒイ。
(あれは、アクセルふかさず、ローの状態でボチボチ行けばどうだったのだろう?)

ギリギリの状態でなんとか登っていった坂道最初の見どころ「玉華門」の先で、ちょっと路肩に停めようとアクセルを緩めたとたん、バイクがパタンと止まり、片斜面だったために、まずいことに急激に右に傾き、右足をついたのだが、カメラバッグの重さも手伝って右下方向に倒れ始めた重量を支えきれなくて「ああだめ〜っ」という感じでバイクを倒してしまった。
見ると、カウルの右側の上端に数本のすり傷、うえっ!

すぐにカメラバッグを外して、バイクを起こそうとしたのだが、斜面に倒れこんだバイクは重くてとても起こせない。

すると、そこに車で来ていた家族連れがかけつけてくれて、ヨイショ、ヨイショと起こすのを手伝ってくれた。
感謝、感謝!
あのご家族に御利益(ごりやく)がありますように。

で、これ以上登るのはムリかなとは思ったのだが、もう少し行ってみようと思って登りはじめたのがまたまた大間違い。

少し行ったさらに急坂のところでますます速度が出なくなり、エンジンが猛烈な音を立て始め、なんとバイクの下から白煙(!)が吹き出し始めた。

こりゃダメだと、バイクを止めて、もう引き返すことにした。

で、坂の途中でバイクを下向きに回そうとしたとたん、足場の悪さと重量でまたバランスを失って「うい〜っ!」って感じで今度は左側(坂の下側)にスローモーションで倒れこんでしまった。
もう、なんたること!!!

見ると、今度はカウルの左側の上端にすり傷! ああ!!

しかし、上からも下からも車がやってくるので、カウルを気にしているどころじゃなくて、すぐにカメラバッグをおろし、バイクを起こそうとしたのだが、坂の下向きに倒れたバイクを起こすのはとんでもなくたいへん。

そしたら、ちょうど坂道の上から下ってきた3人の女の子が飛んで来てくれて、「セーノ!」と掛け声をかけて起こすのを手伝ってくれた。
もう、ほんとに感謝、感謝!
彼女らに御利益がありますように。

ところが、バイクのエンジンをかけようとしたら、クシュンクシュンといっては全然かからない。
何度かカギを戻したり入れたりしてやってみたがダメなので、まずい、こりゃ壊れたかと、あきらめてエンジンなしで下って行くことにした。
もう、涙が出そう。

途中までブレーキだけで下って、先ほどの女の子たちが降りて行く先のほうまで行って、ややなだらかになったところでいったん停止し、再度エンジンをかけてみたら、なんと今度は一発でかかって、ホッとして下まで下りた。
(あれは、なぜエンジンがかからなくなったのだろう?)



DSCN3041.jpg

やっとの思いで道路に降りてきたマイ・フォーサイトくん。

最初のツーリングでの、まさかの転倒、早くもキズ! 涙がちょちょぎれた。。。

砂利道だけじゃない、急坂も要注意なのだ!!!
急坂では登りが苦しいだけでなく、サイドスタンドを立ててもずり落ちるし、停めようにもすぐ傾いて倒れるし、傾斜と重さで取り回しがとても難しい。今回のような狭くて足場の悪い急坂ははじめから避けた方がいい。
それに、取り回しは、リード110よりもはるかに重いぶん、十分すぎるくらい慎重にしないと。

あれ以上、ムリして登っていたらどうなっていたことか。

まあ、怪我がなかっただけ良かった。
「開運もみじ守」が守ってくれたか。

安全運転してるつもりでも、こんなことだってあるんだ、この先、うんと気をつけなよ! っていう観音様のお達しだったのかも。

とはいえ、鳥居観音て、いい感じのところなので、また日を改めて訪れることにしよう。
こんどはムリしないで、カメラザック背負って徒歩でね。



DSCN3043.jpg

帰路は行きと同様、すこぶる順調な走りで、どこも壊れた様子もなく、ホッとした。

マイ・フォーサイトくん、前のリード110や教習車だったマジェスティー400やスカイウェイブ400にくらべても、ほんとにスムーズな走りで、40〜55km/hくらいではいまにも眠ってしまいそうなくらい(寝ちゃいかんけど)静かで落ち着いた走行ぶり。ほんとにいいバイク。

無事、所沢に帰り着き、近くの「D2」に寄って、ハンドタッカー、ラジオペンチなどを買って帰る。



マイ・フォーサイトくん

DSCN3003.jpg

鳥居観音に出かける前のマイ・フォーサイトくん(ホンダ FORESIGHT EX)。

これを撮れる日がほんとに来たとはなんともうれしい。夢みたい。

これ、引っ越し前のブログで言ってた「バイクはいずれ小型限定解除して、うんと遠出もできるよう、250ccに乗り換える予定。楽しみ!」(2015.08.03)ってのが実現したわけだから。

これ、所沢のこの住処に引っ越さなければたぶんなかったし(以前はこの車体のサイズでは置き場がなかったし、どうしてもという必要性もそれほどに強くはなかった)、ちょうど手頃でうれしい装備・状態のパールホワイトが近くで見つからなければなかったし、引っ越し後のリード125やPCXへのよこしまな浮気心(あのまま行ってたらすごく後悔してたろう)を中止することにならなければなかったし、もちろん免許が取れなければなかったし。
いろんな事情がうまくここにつながって、ほんとにうれしい。

もはや、人生これで満足、これでもういいかも! ってほどだよ。← なわけないけどね(笑)



foresight.jpg

この後ろからのスタイルがなかなかいいのよね。

1年半前、初めて見て一目惚れしたのも、この後ろ姿だった。



DSCN3007.jpg

先日書いた「スピスタカフェ」のロゴシール、バッチリ貼りました!
グーです、グー(^-^)g""

これで、長かったひとつの夢がかなったってことだ!



DSCN3026.jpg

グリップヒーター。
先日、寒かったので使ってみたけど、温かくてとってもいい!

グリップヒーターのスイッチ切り忘れてバッテリーが上がったという話もあるけど、エンジン切るとグリップヒーターも切れているような。どうなんだろ? いちおう、止まる前に切るようにしているが。

フォーサイトにはパッシング(ロービームボタンの押し下げで有効)も付いている。

このほか、自動車みたいなウインカーのオートキャンセルやハザードランプ、パーキングブレーキ、イモビアラーム(防犯アラーム=停車中、ゆれを感じたら鳴る)まで付いている。

やっぱり、リード110とはワンランク、格が違うって感じだワ。
リード125とかじゃなくて、こっちにしてほんと良かった。



フォーサイト シートカバー張り替え

_DSC1018.jpg

バイクショップで見積もり時にフォーサイトを見たとき、シートについてはやや使い古した感があったので、フォーサイトが来たらシートを張り替えることにして、用意して待っていた。

きょう、夕方から、シートカバーの張り替えにとりかかった。

ところが、シートを取り外すにはどうすればいいのかが分からなかった。

ネットでいろいろ調べたが、よく分からないので、思い切ってやってみた。
写真の赤丸のところのネジを取り外すと、シートは簡単にはずすことができた。

ネジの向う側に雌ネジがあるのだったら、はずすと取り付けられなくなるのではという心配があったのだが、雌ネジはなくて、雄ネジでネジ止めされているだけだった。

あとで取り付けるときは、ネジをまっすぐにではなく、やや手前から斜めに差し込む感じにするとうまくいった。



_DSC1007.jpg

これが、とりはずしたシート。



_DSC1008.jpg

裏側を見ると、シートカバーを止めている針がみんなこげ茶色に錆びていた。
まあ、EX最初の2004年ものなら11年、生産中止(2007年8月)前の最終販売車輌だったとしても8年も経っているのだからなぁ。

シートやタイヤだけじゃなくて、あれこれ補修が必要になるのかもね。でもそれ覚悟のフォーサイトだから。

それにしても、どうしてホンダはフォーサイトみたいな小振りの250cc後継車種を出さないのかなあ。



_DSC1012.jpg

「D2」で買ってきたハンドタッカーとMAXの足長6mmの針(ハンドタッカーに付属の足長8mm針ではうまく刺せないらしい)、ラジオペンチ、マイナスドライバー等を使って、試行錯誤しながら新しいシートカバーを張り込み。

ほんとうは古いシートカバーをはがして、ビニールをかぶせてから新しいシートカバーを取り付けるのだが、うまく取り付けできなかったら困るので、古いカバーの上から新しいシートカバーをかぶせることにした。



_DSC1011.jpg

完成!

やはり、腰当ての部分はピッタリには装着できなかったが(少し浮いている)、全体的にはかなりうまく張り替え(というか重ね張り)できた。

新しいシート、青いパイピングラインがかっこいい!

そのうちに、前のマイリードくんみたいに、すっかり一体になって走れるようになれるといいな。

[カメラ]
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
Nikon COOLPIX P340




フォーサイト走行距離

◎9/26 見積もり時【マイ・フォーサイトくん起点】
 7,257km ← これすっごく気に入ってた。中の2と5を足すと7、てことは「777」ラッキーセブン 大当たり、って感じだったから。

◎11/2 受け取り時(ショップでの10kmテスト走行後)
 7,267km

◎11/2 乗って帰宅時(約24km)
 7,291km

◎11/4 タイヤ交換でライコランド多摩境店などまわる(1日で約105km)
 7,396km

◎11/8 鳥居観音往復ほか(約88km)
 7,484km

入手から1週間で、200km超、走ったということ。
思わぬことでもうすりキズついちゃったけど、まあまあ順調な走り出しだと思う(前のリード110では最初扱いに慣れなくてけっこうコケまくったもんだった)。

★オイル交換は3,000kmごと=次は10,000kmあたりで
★タイヤ交換は7,000kmくらいで=次は14,000kmあたりで



定期メンテ

ホンダのバイク定期メンテの情報などによると以下のような感じ。
走行距離はそのまま適用できるが、何年ごとという場合、起点がわからない。
2007年ものとすると、今年が8年目となる。
年間走行距離は、法定点検的には3,000kmぐらいらしいが、乗り方にもよるだろうが、まあ5,000km(〜6,000km)くらいだろうか。ぼくのリード110の場合は、この2年、ちょうどそんな感じだった。
となると、2年=10,000km(〜12,000km)、4年=20,000km(〜24,000km)くらいとみればよいのだろうか。

◎定期点検
 1年ごと

◎タイヤ空気圧
 2週間ごと

◎エンジンオイル
 3,000kmごと

◎タイヤ
 7,000kmごと

◎エンジンプラグ
 10,000kmごと

◎ブレーキ液
 2年ごと(10,000km)

◎ブレーキケーブル
 2年ごと(10,000km)

◎オイルフィルタ
 18,000kmごと

◎センタースプリング

◎プーリー

◎ウエイトローラー

◎Vベルト
 20,000kmごと

◎オイルクリーナー
 20,000kmごと

◎ギヤオイル
 20,000kmごと
 (4年ごと)

◎ブレーキパット、ゴム部品類
 4年ごと(20,000km)/2年ごと(10,000km)とも

◎冷却水
 4年ごと(20,000km)/2年ごと(10,000km)とも

◎トランスミッションオイル
 4年ごと(20,000km)/2年ごと(10,000km)とも

◎スピードメーターのワイヤー
 25,000km

◎エアクリーナーエレメント
 40,000kmごと

◎点火プラグ
 40,000kmごと

JUGEMテーマ:写真
| 旅・思い出 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0)

横浜散歩
_DSC9707.jpg

月曜日、久しぶりに横浜に行きました。

山下公園の氷川丸と、いつものように、並んでとまってるカモメさん。

潮風のにおい、いいね。



_DSC9726.jpg

午後の山下公園を散歩。

むこうはみなとみらい。



_DSC9746.jpg

これがその、「横浜赤レンガビール〈限定レトロ缶〉」!

[カメラ]
Nikon D3s
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


JUGEMテーマ:写真

| 旅・思い出 | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0)

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
profilephoto

facebook.png

twitter-bird_fw.png

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村