あんぐるエフ

kam's デジカメ・フォトノート

<< 水と緑のふれあいロード 検証とリベンジの巻(1) | main | 道の駅めぬま アグリパークバラ園 春バラ(1) >>
水と緑のふれあいロード 検証とリベンジの巻(2)

前回と同じく、久喜市役所への案内標識の場所までやってきました。



DSCF8355.png

ここで、騎西領用水路ぞいルートは終わって、ピンクの一般道をたどって東北新幹線、宇都宮線を渡り、中須用水沿いに走っていくことになっています。

で、そのルートを行こうとしたのですが、途中の道路には何の案内標識もなく、どこをどう曲がれよいのかさっぱりわからず(いちおう、この写真を撮って、スマホの画面に表示したまま走ったのですが、どうにも・・・)、こんなに大きく離れたところを、一つのサイクリングルートなんて言えるんだろうか、なんて疑問が生じて、もう探すのはやめにして、中島用水路沿いの周回ルートに向かうことにしました。



DSCF8359.png

そういうわけで、やって来たのは中島用水路沿いにある正楽寺(しょうらくじ:久喜市樋ノ口567-1)。



DSCF8358.png

すぐ右手にある弁天さま。



DSCF8360.png

「昔 インドで水に係る女神
 後代学問 芸術の守護神として尊ばれる
 又 商売繁盛の女神として多くの信仰を集めた」




弁天さまのすぐ右脇に、用水路が流れています。
右手には白岡市の標識。



DSCF8361.png

「水と緑のふれあいロード」の案内板からスタート。



DSCF8363.png

ラーメン屋さんが見える道路を渡ります。



DSCF8366.png

水路脇のサイクリングルートを進みます。
冷やし中華、食べたい!



DSCF8367.png

起点から6kmの案内板。



DSCF8368.png

ここは白岡町。
ん? さっき白岡市って出てたような。。。白岡市と白岡町と2つあるの?

※あとで調べたら、南埼玉郡白岡町は、市制施行により2012年10月1日から白岡市になったのだそうです。



DSCF8370.png

向こうにむかって進んでいたのですが、ここでふと水路に目をやると、不思議なことが。
用水路の起点(上流)に向かっているはずなのに、水の流れが逆なのです。つまり、向こうにむかって水が流れているのです。てことは、下流に向かって走っていることになる。これはヘン。
もしかして、また逆走してない?
ここで、ナップサックに方位磁石をぶら下げていたことに気がついて、見てみたら、西に向かっているはずが、東に向かっているではないですか! およよ、またか〜

で、いま、引き返そうとしてるところ。

そうか、このまえ何キロも逆走してしまったときも、川の流れを見れば逆走してるってすぐわかってたんだ!



DSCF8371.png

弁天さまのところまで引き返して、先ほど走って行ったルートと反対側にむかうと、まもなく起点まで5kmの案内板。
よかった、早めに気がついて。



DSCF8372.png

ここは久喜市。

なるほど、起点からの距離を教えてくれる絵は、終点側から見ると、逆さになるわけか。



DSCF8373.png

順調に進んで、あっという間に起点から2km地点に。



DSCF8374.png

ここは菖蒲町。
起点は近い。



DSCF8377.png

トンネルみたいになっているところがありました。



DSCF8380.png

まもなく、「水と緑のふれあいロード」の起点に到着。
まあ、5kmほどだから、あっという間です。

右の案内標識には、この先を左に行くと「緑のヘルシーロード 見沼代用水路」に向かうことが記してあります。




帰路では、いつも見落としている「緑のヘルシーロード」から先ほどの起点までへの道筋を確認。

「緑のヘルシーロード」は、この場所を左に進むのですが、ここが、先ほどの起点へのルートとの分かれ道になります。




橋の名前は「みさきばし」。徒行橋からここまでは約25分くらいです。前に載せた「深沢七郎文学記念館」はこの先を右に曲がってすぐです。




橋から上流を眺めてみると、「緑のヘルシーロード」は左の岸辺よりももうひとつ左に入った道路を走るので、用水路は視界から消える感じになります。右手の向こうに、弁財天が見えています。「水と緑のふれあいロード」の中島用水路の起点に行くには、あっちに進まないといけない。




なので、「みさきばし」の手前を右に行き、すぐに左手に回り込んでいって弁天橋を渡り、その先の弁財天のところを左折していくことになります。
よし、こんどは大丈夫だぞ。



DSCF8396.png

「緑のヘルシーロード」ルートを戻り、圏央道(首都圏中央連絡自動車道)をくぐって帰っていきます。

例の東北自動車道も、あんなふうに高いところを走っているもんだと思っていたのが、あんなことになったひとつの原因なのでした。



DSCF8398.png

送電線と田園風景。




今回は、左端の「水と緑のふれあいロード」起点から騎西領用水路ぞいに久喜市役所案内板(ピンクの三角形あたり)まで行き、そこから南下して弁天さまのところ(紫の三角形のあたり)から、中島用水路沿いルートを菖蒲町の起点まで走って、まあ、ぐるり周回したってことでした。

騎西領用水路ぞいのルートは、途中でぜんぜん違う水路沿いにルートが移動するので、あれはあれでいったんよしとしますが、中島用水路沿いルートのほうは終点まで16.5kmあるのに、5kmほどしか走っていないことになります。
なので、こんどはこっちのほうを終点まで走ってみようかなと思っています。

マウンテンバイクやクロスバイクで、走ること自体、サイクリングを楽しむというのは、新車を手に入れた直後くらい以外は、かつてはほぼしたことがありませんでしたが(走るのは花撮りや何かの用事のための交通手段だった)、何をするでもなく、知らないところをぶらり走ってみたい、ルートをめぐってみたい、みたいなのも、生きてる感あって、まあいいもんですね。

ちなみに、バイクの方は、これも新しく購入した直後くらいをのぞいては、これまでのところ、もっぱらどこかへ何かをしに行くための交通手段であって、まだ、ドライブというかツーリングというか、走ること自体を楽しむってことにはなってないですね。

[カメラ]
FUJIFILM XQ1


JUGEMテーマ:写真



| サイクリング | 10:06 | comments(0) | -

コメント
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
profilephoto

facebook.png

twitter-bird_fw.png